スポーツの怪我と痛みから早期に回復し、競技に復帰し、再発を防止しましょう。

スポーツ外傷・障害は藤井寺市・羽曳野市・柏原市の「はざま整骨院」へ!

スポーツ外傷・障害は選手生命を危うくさせるかも…。大変なことになる前に治したい!

スポーツの怪我で、こんなこと悩んでいませんか?

  • 長時間、運動することが出来ない
  • いくつか整骨院に行ったが治らない
  • 走ると膝下が痛い
  • 普段は大丈夫だが、運動しているときに痛みが出る
  • 病院で薬やシップをもらったが、痛みが治らない
  • そのうちに治るだろうと思っていたが、なかなか治らない
  • 足が痛くて思ったようにプレーが出来ない
  • 同じ怪我を繰り返してしまう
  • 治療しながらも、プレーは続けたい
  • 野球、テニスなどで肘を痛めてしまった
  • 捻挫、骨折、脱臼、肉離れ、靭帯損傷、打撲、突き指など…
  • 他の人と比べてよくケガをする
  • 大事な試合が近いので、それまでに治したい
  • 怪我を理由で、なるべく練習は休みたくない
  • この痛みで練習を続けていいのか分からない

最近では、スポーツによるケガや障害が増えています。
早期治療を施せば大事に至ることもなく、負傷の回復も早く今まで通りにスポーツを楽しむことができます。
しかし我慢したり放置すれば、症状を悪化させてしまうことが極めて多くあります。
最悪の場合は慢性的障害になってしまい、選手生命を縮めることが増えてきています。

スポーツ外傷とは? スポーツ障害とは?

スポーツ外傷とは、スポーツ中に起きた突発性のケガのことで骨折・脱臼・捻挫・打撲を言います。
スポーツ障害とは、スポーツ中の繰り返しの練習などで徐々に悪化する障害(痛みや腫れ)を言います。

スポーツ障害の具体的な例は?

スポーツ障害の具体的な例
障害の場所 病名・原因・スポーツ内容
首の障害 外傷性頸部症候群・バーナー症候群
肩の障害 ベネット損傷・SLAP損傷・野球肩(三角筋炎・腱板炎・リトルリーガーズショルダー)
肘の障害 離断性骨軟骨炎・野球肘・テニス肘・ゴルフ肘
前腕の障害 コーレス骨折
手の障害 腱鞘炎(ド・ケルバン病)・キーンベック病
腰の障害 腰椎分離症・腰椎すべり症・椎間板ヘルニア・梨状筋症候群・筋筋膜性腰痛
大腿の障害 大腿骨頭すべり症・筋断裂・肉離れ
下腿の障害 離断性骨軟骨炎・ランナー膝(オスグッド・シュラッター病・腸脛靭帯炎・棚障害・鵞足炎)・膝蓋骨脱臼・半月板損傷・靭帯損傷(外側側副靭帯損傷・内側側副靭帯損傷・前十字靭帯損傷・後十字靭帯損傷)・関節軟骨損傷
足の障害 シンスプリント・コンパートメント症候群・アキレス腱炎(アキレス腱周囲炎・アキレス腱滑液包炎)・アキレス腱断裂
その他の障害 足底筋膜炎・踵骨骨端症・捻挫・モートン病

スポーツ外傷・障害の治療法について|藤井寺・羽曳野・柏原の「はざま整骨院」

急性期の治療はとても重要ですよ。

RはRest(局所の安静)、IはIce(冷却)、CはConpression(圧迫)、EはElevation(高挙)。

硬部組織(筋肉・靭帯等)の損傷については、まず、痛みや腫脹をやわらげ症状を安定させるために「RICE」が最適な治療法です。
また、重度の損傷については、ギプスなどで固定させます。そのとき、関節拘縮や筋萎縮にならないように短期的な固定をすることが重要です。

スポーツ外傷・障害治療において、3つのポリシーを持っています。

①スポーツ選手を後方でサポートします

スポーツ選手の治療やトレーニングなどについて、自分ではサポート不可能なところも当院が一人ひとりをしっかりと応援いたします。

②患者様に合った適切な治療をします

骨折、捻挫、脱臼などの障害部位に対して有効な施術を行いトレーニング方法などをアドバイスします。それによって再発を未然に防ぎ、完璧な改善へと導くことが出来ます。そしてアスリー卜や学生さんには試合や大会にベストな体力で臨むために、各関節の可動域の調整を出来るようサポートしていきます。

③体力はもちろん、メンタル面にまで徹します

スポーツ選手にとって、身体と精神は、切り離すことが出来ないものです。どちらか一方でも健全さを失ってしまうと競技や試合に支障が出てしまいます。身体も、メンタルもしっかりと整えるようサポートいたします。

スポーツ外傷・障害なら藤井寺・羽曳野・柏原の「はざま整骨院」が、サポートします。

当院が治療する主なスポーツ外傷とスポーツ障害

捻挫・肉離れ・靱帯断裂(損傷)・アキレス腱断裂・脱臼・骨折・疲労骨折・テニス肘・野球肘・ゴルフ肘・野球肩・突き指・ランナー膝・オスグット・シンスプリント・その他骨、関節、筋肉の痛み

あなたはスポーツ外傷・障害を乗り越えすばらしいアスリートへ!

当院ではスポーツ外傷・障害の治療に力を入れています。
サッカー、野球、柔道、バレーボール、バスケットボールなどのチームの数多くのアスリート達を治療して来ました。
怪我は基本的に「安静と治療」ですが、アスリートは練習を休みたくない、可能な限り練習をしたいと思っているでしょう。
その気持ちに応え、当院は外傷の治療を施すことに基本を置き、ストレッチ、筋肉トレーニング、リラクゼーションなどの予防訓練のための体調とコンディショニングを整え、各選手それぞれに対し、適切に指導してまいります。
症状に応じた適切な、固定・テーピング(ホワイトテープ・キネシオテープ・スパイラルテープ)を行い、リハビリを重複させ、再発予防に注意を払い、一日でも早いスポーツ復帰を目指します。
精密検査が必要としたときは、提携している医療機関・総合病院にご紹介させていただきます。